初めて浴衣を買った。
初めて着付けをした。

 

誰かに見せるのは、まだ恥ずかしくて。
でも夏を感じたくて…梅雨の晴れ間に、ひとりで外に出た。

 

 

浴衣はちょっと歩きにくいな。
焼き下駄がぎこちなく、からころ鳴る。

 

路地には誰もいないけれど、誰かに見られそうで。
仲間と一緒のときとは違う感覚に、僕は…。



 

 

ぜんざい屋さんでひと休み。
いつも食べてるスイーツより素朴だけど、浴衣だと何だか雰囲気が出るね。

 

 

 

もう少しだけ、遠出してみようかな?



 

 

こんな階段あったっけ…?
足がもつれないように、一歩一歩。

 

 

 

路地を抜けたら、いつもの街並み。
 

ビルの下に出た…。こんなところに繋がってたんだ。
僕はちょっと狐につままれた。


 

 

 

お陽様はまぶしく輝くと、にわかに傾いていった。

夕暮れが近くなって、ショーウィンドウに映る女の子に、心臓が高鳴る。
…なんだ自分じゃないか。
非現実との境目が無くなってゆくみたいで、怖くなった。

 

 

 

そんなに長い時間じゃなかったけど、初夏の刺激的( Spicy )な1ページ。
たぶん、僕はずっと忘れないと思う。


衣装提供 : yamadaya.tv

 

CONTENTS