前記事「How to walk YOKOHAMA」

「大人」ってすごく憧れの響きだよね
でも、どうやったら「大人」になれるんだろう?
僕たちにはよく分からない…

だったらちょっと背伸びしてみよう

昼の港街を後にした僕たちはドレスワンピースに身を包み、オシャレなBARを訪れた
いつもと違う服・環境に胸がときめく

ちょっと「大人」に近づいてるのかな?

グラスとグラスを重ね、乾杯
空間を演出するジャズミュージックの中に乾杯の音色が木霊する
初めて感じるこの感覚…ちょっと緊張しちゃうね

シャンパンを口に含む
「ちょっと苦い…」
「これが大人の味なのかも…」

酔いも丁度ほろ酔い気分に

2人の会話も円滑になり、お互い昼に言えなかった話・生い立ち・将来の夢などを語り合う

お酒ってすごいなぁ

普段開いてない心の扉を開いてくれる鍵のようだ

そして、2人の会話は弾みに弾む
そう時間を忘れるほどに

来店してからどれくらいだったろうか
人も増えてきてBARの中も賑やかにより華やかに

人がたくさんいるとメイクが気になってくる
ちょっとメイク直しを


メイクも今日はもうちょっと濃く変えてみよう

普段のお化粧とは違うから少しどぎまぎ…
終わる時にはそこにはちょっと大人になった僕がいるかもね笑

せっかくだし、もうちょっと大人の世界に浸ってたいなぁ… 違う飲み物も頼んでみようよ。

「お客様のインスピレーションでオリジナルカクテルお作りしますよ」

その一言に心が躍った


テーマは「碧い夜空に輝く月」

「舞ちゃんのもつ、すこし神秘的な雰囲気をカクテルにしてみました。」

目の前に置かれたカクテルは夜空に浮かぶ月をイメージしたものだって
夜空の碧を飲みほしたら、月の酸味がほんのり

こちらのテーマは「夏の夜の野草の香り」

よく昔はいっぱい駆け回って遊んだっけ…
そんなことを思い出せてくれるような鮮やかな緑色
香草のリキュールがとてもいい香り
なんか懐かしい夏草の香りがするなぁ
「元気なひめにぃを、茂った夏の夜の野草に重ね合わせイメージしました。」

夏から秋へ 季節は進む
天には碧い月、地には夜露にぬれた野草
天と地が混ざり合って、夜の香りを引き立てる
そんな夜に、少しずつ僕らは大人になる

楽しい時間は過ぎるのはあっという間
終電の時間も気になり始める

今日はここで僕たちの「大人」体験はおしまい

ちょっと背伸びしてみた

洋服・飲み物・お化粧
少し変えるだけで、気分も変わる

新しい場所に飛び込むのは勇気がいると思うし、ちょっと怖いよね・・・
でもそっと自分で自分の背中を押してあげて
そうしたら新しい発見があるかもよ

さぁ、次はあなたの番だよ

ちょっと背伸びしてみよう


撮影協力 : https://free.uni-web.jp/

「自由を好む者が集う場所」をテーマにしたクラブ・バー
性別という枠さえも越えた自由をテーマにした場所です
今回のカクテルは、スタッフの「おこめちゃん」が作ってくれました

前記事「How to walk YOKOHAMA」
この記事のオフショットを見る

衣装提供 : yamadaya.tv

photo by Unagi

CONTENTS